2010年06月15日

藤の紋





 この紋は、土佐中村(今の四万十市中心部)を創った一條家を祭る一條神社の紋。藤の花です。
一條家は、庭に「藤遊亭」という藤を愛でる建物を作り、家紋である藤を愛でたという。長曽我部元親に追われ、中村を離れた4代目一條兼定が「植え置きし 庭の藤が枝 心あらば 来ん春ばかり 咲くな匂うな」と大人げない歌を詠んだといいます。その言いつけを守って藤は長く咲かず、1867年に再び咲いたのが一條神社建立のきっかけとなったそうです。





四万十市は、今でもGW中に「藤祭り」を行います。同時に行われる公家行列にも藤の花は欠かせません。土佐中村を離れる際、「藤」にちなんだものを記念品にしよう・・・そう決めて井浦先生にお願いしました。






同じカテゴリー(想ヒデ日記)の記事画像
長宗我部
辺境ホビーライフな夏休み②
辺境ホビーライフな夏休み①
同じカテゴリー(想ヒデ日記)の記事
 長宗我部 (2010-10-09 22:00)
 辺境ホビーライフな夏休み② (2010-08-18 21:00)
 辺境ホビーライフな夏休み① (2010-08-17 21:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。