スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2011年03月13日

どうかご無事で





 東北地方太平洋沖地震の影響で、宮城県にメーンサーバーを置くエングレ倶楽部サロンも当日11日から本日まで表示ができませんでした。しかし今朝メールが届き、本日夕方には表示が確認されました。

 しかし今日13日現在、宮城県在住の会員1人とまだ連絡がとれていません。今はひたすらご無事を祈るしかありません。どうかご無事で。

 小生も阪神大震災を体験しましたが、縁者も含めて皆無事でした。被災された皆さんの一日でも早い日常の回復と無くなられた皆さまのご冥福をお祈り申し上げます。  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年02月11日

おかげさまで3周年!



エングレ倶楽部は今日で3周年!

写真は、子連れ狼さんのご協力で実現した「龍馬の銃×2」。
  


Posted by So-Sui at 21:00Comments(4)エングレ倶楽部

2011年01月30日

出場銃⑨~第1回エングレガンコンテスト





「ダブルデリンジャー・エングレーブ」
ハートフォード製ABSダブルデリンジャーベース
彫刻:不明
メッキ:不明

 以前ヤフオクで「Vシネの撮影小道具」として出品されていたもの。高値でぐるぐる回っていたが、ある日最低制限価格が無くなったタイミングで落札。黒ABSモデルを深く彫ってからめっきをかけたもの。

 数えてみたら、コンテストに優勝した南部十四年式を加えた合計10丁を出展しておりました(笑)。そりゃ~数撃ちゃあ当たるわなぁ~ということでこのシリーズもようやく終わりです。次回の第2回エングレーブコンテストをお楽しみに~。  


Posted by So-Sui at 22:33Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月22日

出場銃⑧~第1回エングレガンコンテスト





「S&W M586 キャリーコンプ・エングレーブ」

MGC製S&W M586キャリーコンプベース
彫刻:渋谷晃
  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月20日

出場銃⑦~第1回エングレガンコンテスト





「南部式小型自動拳銃 エングレーブ」
マルシン製南部式小型拳銃ベース
彫刻(蔦):井浦勝雄
花梨瘤(赤ニス仕上げ):kingdam9-9
プレゼンテーションBOX:小野木工所


 優勝した南部十四年式と同じく人気だったベビー南部。実はこっちのほうが先に出来てました。宝石みたいな仕上がりで、エングレパンフVol.2の表紙にもなっております。  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月19日

出場銃⑥~第1回エングレガンコンテスト



「S&W M645 エングレーブ」

東京マルイ製S&W M645(エアーコッキング)ベース
彫刻:モデル工房S
その他塗装:モデル工房S


 こんなのもコンテストに出しておりました。お話させて頂いた方には、せっかくなので結構これを触ってもらいました。手軽なエングレ銃も良いものです。  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月17日

出場銃⑤~第1回エングレガンコンテスト





「M10オールド4inch・エングレーブ」
素性不明:M10ベース
彫刻:渋谷晃
  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月16日

出場銃④~第1回エングレガンコンテスト





「九四式自動拳銃・とっちー風」
ハートフォード製九四式自動拳銃ベース
彫刻(蔦模様):井浦勝雄
ホワイトパール調グリップ:kingdam9-9
プレゼンテーションケース:小野木工所


 2010年夏のブラックホールに出展した際、井浦先生を訪ねてプロップガンで有名なトチノさんがやってきた。展示されているエングレGUNや物販されているホルスターなどを見て「派手なのが好きでね~。今度ハートフォードから出る九四式なんかもエングレして白いグリップなんかにしたら最高!ここの誰かやらないの?」と笑顔で話された。その時「俺がやろ~っと」と心に決めたのであった(笑)。
 そして今回のブラックホールにてトチノさんがご来場。「どうです?」と聞くと「もう携帯で撮ってハートフォードの社長に送っちゃった(笑)。こんなバカがいるよ~って」。最高の褒め言葉、あざーす!  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月15日

出場銃③~第1回エングレガンコンテスト





「ブローニングハイパワー 別冊GUN誌表紙風カスタム」
タナカ製ABSガスガン「ブローニングハイパワーM1935」ベース
彫刻(ルネサンス):井浦勝雄
グリップ:CAW製(よっしーさん提供)
真鍮製マガジンバンパー:てるぱ大臣さん製作
リアサイト:JAC製ブローニングハイパワーターゲット用
フロントサイト:MGCガスガンCZ75ターゲット用
ハンマー・トリガーなどにタナカ製ハイパワーMrkⅢのパーツ流用
  


Posted by So-Sui at 22:47Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月14日

出場銃②~第1回エングレガンコンテスト





「SIG P220 エングレーブ」
タナカ製モデルガン「SIG P220コマーシャル」ベース。
彫刻(オークリーフ):井浦勝雄
タナカ製木製グリップ
  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(0)エングレ倶楽部

2011年01月12日

出場銃①~第1回エングレガンコンテスト

 2011年新春ブラックホールで行われた「第1回JWE杯エングレーブコンテスト」に優勝した南部十四年式以外に小生が出した銃を紹介。





「S&W 土佐中村モデル」
ベース銃:マルシン製モデル2アーミー(坂本龍馬の拳銃)
彫刻:井浦勝雄先生
象牙グリップ・真鍮製グリップエンド・シリンダー内ダミー弾頭・真鍮製フロントサイト・シルバーインレイ・全体ブルーイング等カスタム:kindam9-9様(悪戦苦闘絵日記Ⅱ

そして象牙グリップに刻まれた下り藤は、我が愛する辺境「土佐中村」を造った一條氏の家紋なのです。付属として小柄にも藤を彫って頂きました。

背景の酒も土佐中村の銘酒「藤娘」。四万十への想いを馳せるモデルガンです。
  


Posted by So-Sui at 22:00Comments(2)エングレ倶楽部

2011年01月11日

優勝銃~第1回エングレガンコンテスト

 昨日のレポートでご紹介した「第1回JWE杯エングレーブコンテスト」で優勝した小生の南部十四年式をご披露します。はい、調子こいての自慢です。


 でも正直優勝は3位のジークM1910かベビー南部だと思ったんですけどねぇ。集計してびっくりしました。




  


Posted by So-Sui at 21:29Comments(4)エングレ倶楽部

2011年01月10日

第1回JWE杯エングレーブコンテスト


 1月8日から9日まで、東京都立産業貿易会館浜松町館で行われた「2011年新春ブラックホール」会場内にて、「第1回エングレーブコンテスト」が行われました。


 「エングレーブ」といえば我らエングレ倶楽部の出番です。BHの清水社長からお声をかけていただき、実行委員としてお手伝いさせて頂きました。コンテストにはエングレ倶楽部会員のコレクションや一般の方の秘蔵コレクションを展示して、ご来場頂いた方々に気に入ったエングレガンを投票していただきました。


 コンテストを盛り上げるため、BHの清水社長にはこんなトロフィーまでご用意いただきました。すげ・・・


 
投票総数57票。その結果の発表です!



 第3位は「ZEEK製ベース ブローニングM1910 エングレーブ」です。芸術的な彫りをどの角度からでも気軽に見ることができるオリジナル展示ケースまで自作されての出展です。


 第2位は「マッコイM1911ベース 鉄メッキ&エングレーブ」です。実はこの銃はエングレ倶楽部内では名物中の名物。展示の度に自慢されて悔しい思いをさせられています。最高の質感です。


 そして優勝は「ハドソン製ベース 南部十四年式エングレーブ」です。出展したオーナーは実は小生(汗)。いやぁ、申し訳ないですが、他の会員の未出展の秘蔵コレクションを知っている手前、二度と賞は取れないと思いますので、有り難く頂きます。


 受賞したエングレガンのオーナー達へ、清水社長から楯やトロフィーが手渡され、最後に色々と骨をおって頂いた審査委員長でもある井浦勝雄先生に「功労者賞」が贈られました。
 「JWE杯」とは、かってジョン・ウェインの銃を彫刻した井浦先生にちなんだタイトルだったのです。本当にお疲れ様でした。

 結果は内輪の大会のようでしたが、大きな展示スペースで沢山のエングレーブガンを展示できたのはこれまで無かったのではないでしょうか?3階会場の個人ブースを少しでも明るくできたのなら嬉しいです。賞の云々より、トイガンコレクターなら「愛銃を自慢したい」「見せびらかしたい」・・・そこに大きな会場を与えて下さったブラックホールの清水社長はじめスタッフの皆様に心から感謝しております。そして御来場いただいた皆様、投票頂いた皆様、お声をかけて頂いた方々、お手伝い頂いたエングレ倶楽部会員やそのご友人の皆様、本当にありがとうございました。  


Posted by So-Sui at 22:26Comments(8)エングレ倶楽部

2011年01月07日

2011年01月07日

先乗りなう





明日からのブラックホールに備えてもうすぐ出発。前日に上京するのは初めてやなぁ。



  


Posted by So-Sui at 08:09Comments(2)エングレ倶楽部

2011年01月04日

本格ミニチュアも参戦!





 ミニチュアガンはお好きですか?あ、フィギア用じゃないですよ。れっきとした大人用のミニチュアガンです。

 日本ミニチュアガン界では知らぬものはいない、「NAVY BLUE」がブラックホールに参戦!エングレ倶楽部ブースで展示販売!

「いずれも、目玉作品をお出し致しますので、お楽しみに♪
その第一弾が、こちらの訳あり1/3真鍮切削ガバ...「好きにならずにいられない♪」です。2011年1月8日、オークション形式で開始価格\70,000、AM10:00開始~PM4:00終了を予定しております。詳細は、会場にてご確認をお願い致します。
また、他にも1/3ルガー完成品(キット・ベースの特別仕様)やキットなどもイベント価格にて準備しておりますので、是非、足をお運び下さいませ。」
サイトより抜粋  続きを読む


Posted by So-Sui at 20:00Comments(2)エングレ倶楽部

2011年01月03日

あけましておめでとうございます。

新年初の投稿です(1/1は予約投稿)。今年も宜しくお願い致します。

さて、新年といえばカレンダー(笑)我らが日本エングレーブ界の巨匠・井浦勝雄先生の作品を集めたカレンダーが発売されています。



製作はmaimaiさん、8日・9日のブラックホールで販売するほか、福岡MGCでも置いているそうです。   続きを読む


Posted by So-Sui at 20:00Comments(2)エングレ倶楽部

2010年12月30日

今回も参加します!

 エングレ倶楽部は、1月8日と9日に都立産業貿易会館浜松町館で行われる「2011年新春ブラックホール」に参加いたします。
 
 また3階個人ブースで行われる「エングレーブガンコンテスト・第1回JWE杯」のお手伝いもさせて頂きます。展示される珠玉のエングレーブガンを是非見にきて下さい。

ブラックホール公式サイト

  


Posted by So-Sui at 21:00Comments(0)エングレ倶楽部

2010年12月30日

告知です





2011年新春BHも参戦です。
  


Posted by So-Sui at 10:00Comments(0)エングレ倶楽部

2010年12月19日

SIG エングレーブ




 SIG社も毎年特別なエングレ銃を作っているそうですね。歴代の一覧とかあったら欲しいですね。




 タナカのコマーシャルに木グリ。箱は実銃P220用をヤフオクでゲット。彫りは勿論、井浦先生にドイツらしくオークリーフでお願いしました。  


Posted by So-Sui at 22:17Comments(0)エングレ倶楽部